短鎖脂肪酸分析の糞便検体について

ビュー1件
0

短鎖脂肪酸分析に必要な糞便は50〜100mgですが、下痢のような水分の多い試料でも同じ量で良いでしょうか?

公開するステータスを変更しました

湿重量あたりの短鎖脂肪酸量として報告しています。
水分の多少に関わらず重量で計量して測定を実施していますので、下痢便やマウス・ラット糞便のような水分の少ない糞便でも同一の方法で測定を行っています。